NPO法人み・らいず2 みらい食堂|ソーシャルカレッジ
{% PAGE_LINK_TEXT %}

学生体験談

にっしー/ 大阪教育大学・3学年NPO法人み・らいず2 みらい食堂

にっしー
ソーシャルバイトを始めたきっかけは?
わたしがソーシャルバイトを始めたきっかけは、NPOソーシャルカレッジを通して河内ゼミに参加し、マイプロジェクトとして子ども食堂に参加したことです。子ども食堂で活動する中で、スタッフの方から居場所づくりの活動について紹介をしていただき参加するようになりました。活動を始める前、いきなり活動に参加することは不安が大きかったのでセミナーから参加したのですが、気づけばとんとん拍子で参加していきましたね。
ソーシャルバイトをやってみてどうだった?
実際に活動してみて、初めこそは不安も大きかったのですが、先輩やスタッフの方の子どもたちとの接し方をみて学ばせてもらったり、アドバイスをしていただいたりしたおかげで不安が楽しいになるまで早かったです。子どもたちからおいしいをきくことができたり、ゲームなどを通して一緒に笑いあうことができたりするのが一番のやりがいになっています。もっと早く知りたかったなと思いますね。
これからどのようなことをしていきたい?どんなチャレンジをしていきたい?
今活動が安定してきてとてもいいと思うのですが、いつも同じよりも目新しさがあった方が楽しいかなと思うので、料理のメニューやゲーム・ものづくりなどこれまで経験したことがないものを企画していきたいですね。また活動するなかで子どもたちがどうなってほしいのかを大切に必要なところで手助けをしていきたいです。その際必要な知識などがあればその都度学んでいきたいとも思います。
ソーシャルバイトをするか悩んでいる学生に一言!
実際に活動してみて、初めこそは不安も大きかったのですが、先輩やスタッフの方の子どもたちとの接し方をみて学ばせてもらったり、アドバイスをしていただいたりしたおかげで不安が楽しいになるまで早かったです。子どもたちからおいしいをきくことができたり、ゲームなどを通して一緒に笑いあうことができたりするのが一番のやりがいになっています。もっと早く知りたかったなと思いますね。

一覧に戻る

© Copyright 2021 ソーシャルカレッジ.

説明会に参加する